7月のお稽古より

数日で7月も終わりですね。時間のたつのは早いものです。

季節を感じるお稽古に葉蓋があります。
一年に一回必ず行います。
c0269180_1910129.jpg


葉蓋のお点前の場合 蓋の葉っぱを建水に落としてしまいますから、お棗、お茶杓の拝見所望のタイミングがいつもと違います。

最後にお水一杓を釜に入れて杓を構えたらすかさず! ウッカリ忘れないようにしたいものです。

もう一つ 夏ならでは・・・と言えば 「名水点て」でしょう。
c0269180_19145647.jpg


前もって水につけて濡らした釣瓶の水指が清涼感をさそいます。
注連縄飾りがあると「名水ですよ」という合図になります。

その名水は五行陰陽の関係から、寅の刻までにくむべし・・・だそうですが、寅の刻って午前4時。
無理~~~です。そもそも今は名水を汲むというのが難しい。山の奥の奥の奥まで行かねば無理じゃないかしら?
昔は早起きして汲みに行ってたのでしょうね。本当に贅沢な心からの御もてなしとは、そういう行為なのかもしれません。

さて、忘れてはならない季節感が漂っている物にお菓子があります。
c0269180_19264961.jpg

先生お手製の 琥珀寒です。中には大徳寺納豆が入っていてほんのり塩味が効いています。
さっぱりしていてツルリと喉越しも最高!!!
いつも先生が作ってくださるお菓子でお稽古なんて、私達は幸せな弟子です。
もっと精進しなくては!!と気持ちだけはいつも前向きなんですよ、先生(笑)

8月には社中で、ゆかたの会を催します。
皆ゆかたを着て、水で点てた御茶をいただき、お料理をたのしむ会です。楽しみ~。


稽古茶事の案内

一般の方の飛び入り一回だけの参加も募集中です。
席中はお茶事が初めての方も、作法を勉強しながら進めていきます。初心者の方も安心してご参加ください。

●8月24日 土曜日

飯後の茶事(菓子茶事)


席入り 12時30分 
会費 ¥15000

茶事終了後に 懐石を皆で頂きます。
 

七事式の勉強会


毎月第2土曜日

8月10日 土曜日

11時から3時くらいまで
¥6500 にぎり寿司のランチ付き 



平花月から初めて、濃茶付き 且座などを行う予定です。
内容は当日変更もあります。
ご希望の内容がある場合は、ご相談にも応じます。

飛び入りで一回だけのご参加も歓迎いたします。




講師 飯村宗和

すべての参加申し込み、見学 その他 お問い合わせは
茶寮 いい村 042-505-8760 まで 
お道具、お料理揃った貸し茶室も承っています。
[PR]
by saryou-iimura | 2013-07-27 19:34 | お稽古便り